東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

NYで震災追悼集会 福島の高校生スピーチ

4日、米ニューヨークで開かれた東日本大震災追悼式典で登壇した福島県立ふたば未来学園高校の生徒=共同

写真

 【ニューヨーク=共同】東日本大震災から十一日で七年となるのを前に、米ニューヨーク中心部マンハッタンの教会で四日、犠牲者の追悼式典が開かれ、在留邦人や米国人ら約四百四十人が黙とうをささげた。

 福島県立ふたば未来学園高校(同県広野町)の生徒約十人も出席。代表してスピーチした二年の関根颯姫さん(16)=同県いわき市=は東京電力福島第一原発事故で拡散した放射性物質におびえながら暮らした日々や、東京近郊の避難先で激しいいじめに遭った体験を証言した。

 一時は自殺することも考えたが、同校の演劇部に入り、自身の体験を演劇で発信することで前向きに考えられるようになった経緯を紹介。「社会の困難に向き合うことができるようになってきている」と話した。

 宮城県岩沼市出身でニューヨーク在住のグラフィックデザイナー、大友あかりさんも仙台市で被災した体験を証言し、被災したふるさとに思いを寄せながらつくった作品を披露した。主催者代表のシンガー・ソングライターAKさん=広島県福山市出身=は「東北では癒えることのない苦しみが続いている。犠牲者のため心からの祈りをささげたい」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報