東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

韓国政界にも#MeToo 有力知事が辞職表明 秘書への性暴力謝罪

 【ソウル=境田未緒】韓国与党「共に民主党」に所属する安熙正(アンヒジョン)・忠清南道(チュンチョンナムド)知事は六日未明、女性秘書が知事から性暴力を受けたと告発したことを受け、フェイスブックで謝罪と辞職を表明した。安氏は昨年五月の大統領選を前に文在寅(ムンジェイン)氏と党指名を争い、次期大統領選の有力候補の一人と目されていた。

 秘書は五日夜、JTBCテレビのニュース番組に出演し、実名で告発。昨年六月に秘書となって以降、海外出張の際などに計四回、性暴力を受けたと訴えた。安氏はフェイスブックで、「合意による関係だった」という当初の主張を撤回。「すべては自分の誤り」と謝罪した上で、知事職を退き、一切の政治活動を中断すると書き込んだ。

 韓国では六月に統一地方選を控えており、文氏の高い支持率を背景に議席確保を図る「共に民主党」にとって大きな痛手。同党は放送を受けて五日夜のうちに安氏の除名などを発表。野党は一斉に「性暴力党から脱する意思があるなら忠清南道知事候補を公認しないことだ」などと批判を展開している。韓国メディアによると六日、警察も捜査に乗り出した。

 韓国では性被害を告発、共有する「#MeToo(私も)」運動が司法界から芸能界、文学界にも広がっており、文氏は運動に共感する姿勢を見せている。政界にも及んだことで今後、どのような対策を打ち出すか注目される。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報