東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

正恩氏、非核化の意思言及 米朝首脳 史上初の会談へ

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は八日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長からの要望を受け、五月までに米朝首脳会談に応じる考えを示した。米ホワイトハウスによると、会談時期や場所など詳細は未定だが、実現すれば史上初の米朝首脳会談となる。トランプ氏は一方で、協議の焦点となる北朝鮮の非核化が実現するまでは「最大限の圧力」をかけ続ける方針をあらためて表明した。 

 訪米前に正恩氏と面談した韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)大統領府国家安保室長らが八日夜(日本時間九日午前)、ホワイトハウスでトランプ氏やマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、マティス国防長官らと会談。正恩氏が早期にトランプ氏との会談を要望していることなどを口頭で伝えた。

 鄭氏によると、正恩氏は非核化に取り組み、核実験と弾道ミサイルの発射実験を凍結すると約束したという。これを受けトランプ氏は会談に応じる考えを鄭氏に示した。

 米朝会談の実施時期について米政府高官は「二〜三カ月以内の話だ」と指摘。韓国大統領府関係者は、トランプ氏が四月末に予定される南北首脳会談の終了後から五月末までに行うとの考えを表明したという。

 トランプ氏は鄭氏との会談後、安倍晋三首相と電話で協議。ホワイトハウスによると、トランプ氏は「最大限の圧力をかけ続ける政策が、重大な接点をもたらした」と評価、北朝鮮の非核化が検証可能かつ不可逆的になるまで「日米韓で圧力を続ける」ことで一致した。両首脳は四月中に会談することで合意した。

 サンダース米大統領報道官は八日夜の声明で、「北朝鮮の非核化が実現するまで、全ての経済制裁の実施と最大限の圧力をかける政策は変わらない」と説明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報