東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米軍事パレード、11月に実施へ 第1次世界大戦の終結100年

 【ワシントン=後藤孝好】米国防総省は九日、トランプ米大統領の要請で検討していた軍事パレードを十一月十一日の「退役軍人の日」に合わせて、首都ワシントンで開催すると米メディアに明らかにした。

 トランプ氏が昨年七月、フランス革命記念日にパリで軍事パレードを観覧して感銘を受け、マティス国防長官らに「フランスのようなパレードをしたい」と指示。野党の民主党からは「お金の無駄遣いだ」「北朝鮮のようなパレードをやる必要はない」と批判が上がっていた。

 計画によると、パレードはホワイトハウスから米連邦議会の間で実施し、上空では軍用機の編隊飛行も披露。戦車は道路を傷めるため、使用しない見通し。今年の十一月十一日は第一次世界大戦の終結から百年になり、節目の行事になる。

 行政管理予算局のマルバニー局長は、軍事パレードの経費を一千万〜三千万ドル(約十一億〜三十二億円)と試算している。米国では一九九一年に、当時のブッシュ(父)政権が湾岸戦争の祝勝パレードを開催した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報