東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

タイの福島ヒラメフェア中止 事故後初の魚介輸出

 【バンコク=共同】タイの首都バンコクの日本料理店11店で開催予定だった、福島県産のヒラメを使ったフェアが中止になっていたことが12日、分かった。東京電力福島第一原発事故後初めて、加工品用でない福島県産の魚介類輸出が実現し、復興を印象付けるものとして期待が高まっていた。

 食品商社「アライドコーポレーション」(本社横浜市)によると、タイの消費者団体から放射性物質の汚染に対する懸念が提起された。団体側が法的手段も辞さないとの強硬姿勢を取ったことから、店側への風評被害などを避けるために中止を決めたという。出荷は先月28日から始まり、フェアは今月10〜31日の予定だった。

 フェアの目玉は、福島県で水揚げされた「常磐もの」と呼ばれる名産のヒラメの提供。ほかに茨城県産の野菜を使った料理なども出される予定だった。両県の農水産物の輸出拡大を目指して企画された。

 参加予定だった日本料理店の従業員は「福島の復興に協力できると思っていたので残念」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報