東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「沖縄で弾圧」NYで抗議 米市民団体、山城議長の無罪訴え

12日、米ニューヨークで、山城議長の無罪を訴える人たち=赤川肇撮影

写真

 【ニューヨーク=赤川肇】米国などの市民団体でつくる「海外米軍基地反対連合」は十二日、米ニューヨークで、米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題を巡る抗議活動で威力業務妨害罪などに問われた沖縄平和運動センター議長の山城博治(ひろじ)被告(65)=求刑懲役二年六月=らの無罪を訴えるデモを行った。

 那覇地裁で日本時間十四日に言い渡される判決を前に、在米の日本人を含む約二十人が日本の国連代表部が入るビルの前に集結。山城被告の事件を言論弾圧と主張するビラを配ったり、普天間の名護市辺野古(へのこ)移設への反対を訴えたりした。

 同連合は山城被告らの起訴取り消しなどを求める国際署名活動も展開してきた。同連合のまとめ役を担うバーマン・アザドさん(67)は「沖縄で起きている弾圧は軍国主義の象徴。国外での米軍基地の拡張は地元住民も米国民も含めて誰も幸せにしない」と話していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報