東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

李明博氏の逮捕状請求 韓国元大統領 収賄容疑などで検察

写真

 【ソウル=境田未緒】韓国のソウル中央地検は十九日、在任中の巨額収賄などの疑いで李明博(イミョンバク)元大統領(76)=写真、聯合・共同=の逮捕状をソウル中央地裁に請求した。地裁は令状を審査し、早ければ二十一日にも逮捕の可否を決める。逮捕されれば、前大統領の朴槿恵(パククネ)被告(66)=公判中=に続き、大統領経験者として四人目になる。

 検察によると、逮捕状を請求したのは、重大な犯罪である上に李氏が基本的な事実関係も否認しており、これまでに証拠隠滅や口裏合わせをしてきた疑いがあるためという。

 容疑は、情報機関・国家情報院の特殊活動費を大統領府に上納させたり、検察が李氏の実質所有とみなす自動車部品会社「ダース」の訴訟費用をサムスン電子に肩代わりさせたりした計百十億ウォン(約十一億円)に上る収賄のほか、ダースからの計約三百五十億ウォンの横領など計十余件に上る。

 李氏は、大統領府が特殊活動費から十万ドルを受け取ったことは認めたが、ダースの所有を含め大部分を否認している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報