東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米当局、FB調査開始 ザッカーバーグ氏に証言要請

 【ニューヨーク=白石亘】米交流サイトのフェイスブック(FB)から五千万人の個人データが不正に第三者に流出した問題で、米連邦取引委員会(FTC)は二十六日、FBの調査を始めたことを明らかにした。

 FTCは「FBのプライバシー保護に関する懸念が高まっていることを真剣に受け止めている」との声明を発表した。米メディアによると、ユーザーが設定した範囲を超えて、個人情報を収集する場合には、ユーザーから許可を得るとの取り決めに違反したかどうかを調べる。

 AP通信によると、米上院司法委員会のグラスリー委員長は二十六日、FBのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)に四月十日の公聴会で証言するよう求めたと明らかにした。グーグルのピチャイCEO、ツイッターのドーシーCEOにも同じ公聴会への出席を要請した。

 FBをめぐっては、学術目的で契約に基づき、ユーザー情報を収集した英心理学者が許可を得ないまま、データ分析企業に情報を流出させたことが判明。不正に取得された五千万人分の情報が、二〇一六年の米大統領選でトランプ陣営の選挙運動に活用された可能性が指摘されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報