東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

退役軍人長官を更迭 トランプ氏、また閣僚交代

 【ワシントン=後藤孝好】トランプ米大統領は二十八日、公金の不正使用疑惑が浮上していたシュルキン退役軍人長官の更迭をツイッターで明らかにした。二十二日にはマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の更迭が発表されたばかりで、政権では政府高官の辞任や解任が止まらない異例の状況が続いている。

 後任には海軍出身で、大統領の主治医のロニー・ジャクソン氏の起用を決定した。

 ジャクソン氏は一月、トランプ氏が精神状態を不安視される中、健康診断を実施して「極めて良好」とお墨付きを与え、気に入られたとみられる。

 シュルキン氏は昨年七月の欧州出張の際、夫人への公的な招待があると偽って公費で夫人を同伴。テニスのウィンブルドン選手権の観戦チケットを贈り物として受け取って夫妻で観戦していたことが退役軍人省の内部調査で判明し、批判が高まっていた。

 トランプ氏は今月、マクマスター氏のほかにも、鉄鋼やアルミニウムの輸入制限に反対したコーン国家経済会議(NEC)委員長や、北朝鮮の核・ミサイル問題などで対立したティラーソン国務長官らの交代を決めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報