東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北制裁、49件を追加 安保理 米大使「過去最大」

 【ニューヨーク=赤川肇】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会は三十日、石油や石炭の海上密輸といった制裁逃れに関与したとして、新たに海運会社二十一社と一個人、船舶二十七隻の計四十九件を制裁対象に加えた。南北や米朝の首脳会談を前に非核化の進展が注目される中、安保理として引き続き圧力路線を堅持していく姿勢を打ち出した。

 トランプ米政権は二月下旬、北朝鮮の制裁逃れに関与したとして北朝鮮や中国、シンガポールなど九カ国・地域の企業や個人、船舶の計約六十件を対象に独自の追加制裁を決定し、制裁委にも追従を要請。制裁委では関係国が協議し、対象を四十九件に絞り込んだ。

 ヘイリー米国連大使は制裁委の決定を受けた声明で「対象は過去最大規模。北朝鮮体制に最大限の圧力をかけ続けるために国際社会が一致している明確なサインだ」と評価した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報