東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北、東京五輪「必ず参加」 正恩氏、IOC会長と会談

30日、平壌で握手するIOCのバッハ会長(左)と北朝鮮の金正恩氏。労働新聞が31日掲載した=コリアメディア提供・共同

写真

 【北京=共同】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は三十日、訪朝した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と平壌(ピョンヤン)で会談した。バッハ氏によると、北朝鮮側は二〇二〇年の東京五輪や二二年北京冬季五輪に「必ず参加する」と表明し、正恩氏も参加を「全面的に支持する」と述べた。北朝鮮が両五輪参加の意向を示したのは初めてで、日本も対応を迫られそうだ。バッハ氏は三十一日、平壌からの帰途、経由地の北京で報道陣に語った。

 朝鮮中央通信は三月三十一日、正恩氏がバッハ氏との会談で、平昌(ピョンチャン)冬季五輪出場枠のなかった北朝鮮にIOCが特例的な参加を認めた点に謝意を表明し、五輪初の南北合同チーム結成や開会式における南北合同入場行進の実現への後押しを称賛した、と伝えた。

 バッハ氏によると、東京五輪と北京冬季五輪に「必ず参加する」との立場は、北朝鮮オリンピック委員会が表明した。

 正恩氏はバッハ氏に「凍り付いた北南関係が(平昌)五輪を契機に劇的に氷解したのは、全面的にIOCの功労だ」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報