東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ホーキング博士、安らかに 英で葬儀 友人ら500人参列

 【ロンドン=共同】「車いすの天才科学者」として知られ、三月十四日に七十六歳で死去した英物理学者スティーブン・ホーキング博士の葬儀が三十一日、博士が長く在籍した英南部のケンブリッジ大の教会で行われ、友人や同僚ら約五百人が参列した。教会の外にも数百人の市民が集まり、病と闘いながら独創的な宇宙論を発表した博士を悼んだ。英メディアが伝えた。

 映画「博士と彼女のセオリー」でホーキング博士役を演じた俳優エディ・レッドメインさんや、英ロックバンド「クイーン」のギタリストで天文学の研究者でもあるブライアン・メイさんらが参列。ひつぎが教会に運び込まれると市民らから拍手がわき起こった。

 博士の遺灰は今年六月、ロンドンのウェストミンスター寺院にある科学者ニュートンらの墓の近くに納められる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報