東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ユーチューブ本社で発砲 3人負傷、容疑の女自殺

 【ニューヨーク=赤川肇】米西部カリフォルニア州サンブルーノの動画投稿サイト「ユーチューブ」本社で三日昼すぎ(日本時間四日未明)、発砲事件があった。地元警察によると、三人が拳銃で撃たれて搬送されたほか、容疑者とみられる女一人が自分を撃ち建物内で死亡が確認された。

 ロイター通信によると、負傷者のうち男性(36)が重体、女性(32)が重傷のもよう。地元メディアは当局者の話として、女はユーチューブと直接関係がなく、交際上のトラブルから男性を狙って犯行に及んだとみられると報じた。現場は情報関連企業が集まるサンフランシスコ近郊で、住宅地や国際空港が近い。

 米国では、南部フロリダ州で二月に生徒ら十七人が死亡した高校銃乱射事件を機に、銃規制強化を求める世論が強まった。大手企業の中でも銃販売を制限したり、銃規制に反対する全米ライフル協会(NRA)の会員優待制度を廃止したりする動きが広がっている。

 ユーチューブも三月、銃や銃部品を売ろうとしたり製造・改造方法を紹介したりする投稿を禁じる方針を発表。NRAが「政治的動機に基づく検閲だ」と反発していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報