東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

韓国大統領「拉致議題」明言避ける 南北会談、河野外相要請に

 【ソウル=上野実輝彦】河野太郎外相は十一日、韓国大統領府で文在寅(ムンジェイン)大統領と会談した。河野氏は二十七日に開催される南北首脳会談で、北朝鮮による日本人拉致問題を議題とするよう求めたが、文氏は明言を避けた。河野氏は会談後、「完全かつ不可逆的、検証可能な非核化とミサイルの放棄を実現するため、最大限の圧力を維持することで一致した」と説明し、核問題解決に向けた日米韓連携の重要性を強調。「拉致問題を南北首脳会談で取り上げるよう要請した」と述べた。

 韓国大統領府によると、文氏は北朝鮮の非核化に向けた日本の協力を求めた。拉致問題については「日朝の懸案解決と関係改善のため、日韓両国が協力していこう」と答えるにとどめ、南北首脳会談での議題化には言及を避けた。河野氏は文氏に、安倍晋三首相のメッセージを伝達したが、内容は明らかにしなかった。

 河野氏は文氏との会談に先立ち康京和(カンギョンファ)外相と会談。南北会談での拉致問題の協議を要請したほか、慰安婦問題の日韓合意の履行を求め、韓国の市民団体が釜山の日本総領事館前に植民地支配下で徴用された朝鮮人労働者を象徴する像の建設を計画していることに苦言を呈した。

 一方、未来志向の日韓関係を目指す「日韓パートナーシップ宣言」から二十年となるのを機に、両国関係を進展させる方針では一致した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報