東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

フェイスブックCEO ザッカーバーグ氏の情報も流出

11日、ワシントンで開かれた米下院エネルギー・商業委員会の公聴会で証言するフェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者=UPI・共同

写真

 【ワシントン=白石亘】米交流サイト、フェイスブック(FB)のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は十一日、米下院の公聴会に出席し、前日の上院に続いて二日目の議会証言に臨んだ。ザッカーバーグ氏は、議員との質疑で英データ分析会社「ケンブリッジ・アナリティカ」(CA)に流出した最大八千七百万人のユーザー情報の中に自らの情報も含まれていたことを明らかにした。

 CAへの情報流出では、性格診断アプリを開発した英国の研究者がFBの許可を得ず、ユーザー情報を不正に横流ししていた。ザッカーバーグ氏はほかにもユーザーの情報を不正に集めたり、共有した可能性があるアプリがないか調べていると説明。調査が終わるまでに数カ月掛かるとの見通しを示した。

 またユーザーのプライバシーを保護するネット規制について、ザッカーバーグ氏は「規制は不可避」とあらためて述べる一方で、「ルールは注意深く設定しないといけない」とも語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報