東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

与正氏、中国高官と会談 芸術団も厚遇「最大の真心」

13日、平壌で中国共産党の宋濤氏(右)と会談する北朝鮮の金与正氏。労働新聞が14日掲載した=コリアメディア提供・共同

写真

 【北京=城内康伸】朝鮮中央通信は十四日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キムヨジョン)党第一副部長が十三日、芸術団を引率して同日訪朝した中国共産党中央対外連絡部の宋濤(そうとう)部長が宿舎とする平壌高麗ホテルに訪ねた、と伝えた。

 同通信によると、与正氏は「芸術団が滞在中、少しの不都合もないよう最大の真心を尽くす」と述べ、芸術団の公演が成功裏に行われることを願った。北朝鮮の事実上のナンバー2といえる与正氏は、平壌国際空港で宋氏を出迎えたとされ、北朝鮮による厚遇ぶりがうかがえる。中朝関係筋によると、宋氏らは十七日まで滞在する予定で、正恩氏と面談するとみられる。

 十三日夕には、労働党国際部が歓迎宴を開き、李洙〓(リスヨン)党副委員長が演説。「名声が高い芸術団訪問は、朝中親善を新時代の要求に即して発展・継承させる」と強調した。

※〓は土へんに庸

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報