東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米、対ロ制裁「ブレーキ」 シリア疑惑 国連大使発言修正か

 【ワシントン=石川智規】米紙ワシントン・ポストは十六日、シリアのアサド政権が化学兵器を使用した疑惑に関するロシア企業などへの独自制裁について、トランプ大統領が難色を示し、制裁発動に「ブレーキをかけた」と報じた。

 対ロ制裁は、ヘイリー米国連大使が米テレビのインタビューで、「十六日にもムニューシン財務長官が対ロ追加制裁を発表するだろう」と明言。その後、サンダース米大統領報道官が制裁の検討を認めつつ、「近く決定される」と軌道修正していた。

 同紙は複数の関係者の話として「トランプ氏は最終判断を下していない段階で制裁の話が公になったことに憤っている」と報じた。

 別の政府関係者は、対ロ制裁が真剣に検討されているとする一方、「ロシアが別の問題を引き起こさない限り、トランプ氏は対ロ制裁の発動を認めそうにない」と明かしたとされる。

 シリアの化学兵器使用疑惑をめぐる対ロ制裁が発動されれば初の取り組みとなり、米ロ関係のさらなる悪化が懸念されていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報