東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「TPP」「2国間」平行線 日米 新たな貿易協議合意

写真

 【パームビーチ=後藤孝好】安倍晋三首相とトランプ米大統領は十八日、米南部フロリダ州パームビーチでの首脳会談で、新たな日米の貿易協議を開始することで合意し、二日間の日程を終えた。だが、安倍首相は環太平洋連携協定(TPP)を「最善」とする一方で、トランプ氏は二国間の交渉を要求し、貿易問題で認識の違いが露呈した。

 新たな協議には、日本側は茂木敏充経済再生担当相、米側は通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が参加。安倍首相は共同記者会見で「自由で開かれたインド太平洋地域の経済発展を実現するため」と主張した。

 一方、トランプ氏は「自由かつ公正で互恵的な貿易を行うことが重要だ」と述べ、まず日米の貿易不均衡を是正するよう要求。日本側が求めた鉄鋼とアルミニウムの輸入制限からの日本の除外も、貿易交渉が合意に至っていないことなどを理由に応じなかった。

 北朝鮮問題に関しては、トランプ氏は「北朝鮮が非核化される時まで最大限の圧力を継続する。拉致被害者を日本に帰国させるために最大限の努力をする」と強調。安倍首相は「北朝鮮が正しい道を歩めば、国交正常化への道も開けてくる」と述べ、六月までに開催予定の米朝首脳会談を契機とした非核化実現に期待感を示した。

 両首脳は互いの通訳だけを交えた一対一の形式や少人数の会合など二日間で三回の会談を実施。二回の夕食会で親交を深め、ゴルフも十八ホールを楽しんだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報