東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北「核実験場を廃棄」 首相「注視」 防衛相「不十分」

 安倍晋三首相は二十一日午前、核・ミサイルに関する北朝鮮の発表について「前向きな動きと歓迎したい」とする一方、「この動きが核、大量破壊兵器、ミサイルの完全、検証可能、不可逆的な廃棄につながるかどうか注視したい」と語り、日本政府の対応に変わりはないとの考えを強調した。東京都内で記者団に述べた。

      ◇

 【ワシントン=後藤孝好】北朝鮮が核実験やICBM発射実験の中止などを発表したことについて、訪米中の小野寺五典(いつのり)防衛相は二十日、記者団に「日本にとっては、中短距離の弾道ミサイルの放棄がなければ意味がない。核放棄にも触れていない。これでは不十分だ」と述べた。

 小野寺氏は「国際社会が求めているのは完全、検証可能で不可逆的な方法で、全ての大量破壊兵器、弾道ミサイルの計画を放棄することだ」と指摘。「実際どのような形で北朝鮮が実行するか分からない。圧力を緩めるタイミングではない」と強調した。

 北朝鮮の発表に先立ち、小野寺氏は、マティス国防長官と国防総省で会談。北朝鮮に核・ミサイルを放棄させるため、最大限の圧力を維持する方針で一致した。

 小野寺氏によると、六月上旬までに開催予定の米朝首脳会談で、日本を射程に収める中短距離弾道ミサイルを含む全ての大量破壊兵器の廃棄を米側が求めることも確認したという。

 マティス氏は北朝鮮に関し「新たな平和の可能性を慎重に検討しつつ、警戒を続けている」と指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報