東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ネパール大地震3年 住宅、インフラ復興の道遠く

24日、最大被災地だった北東部シンドパルチョーク県で続く倒壊建物の再建作業=共同

写真

 【カトマンズ=共同】約九千人が犠牲となった二〇一五年四月のネパール大地震から二十五日で三年を迎える。観光産業が順調に回復する一方で、ネパール政府の集計では、被災した住宅の約三割は手つかずのままで、国土復興への道は遠い。

 政府集計によると、被災した住宅約七十九万棟のうち、三年間で再建されたのは約十一万九千棟にとどまっている。政府の支援を受けず独自で再建を進めるケースも多く、実際には集計よりも進んでいるとの指摘もあるが、依然、粗末なトタン製の仮設シェルターに住む人たちも少なくない。

 復興庁の当局者は「(六月ごろからの)雨期までに被災者の六割がきちんとした屋根のある家に住めるようにしたい」と話す。

 被災した学校や病院は半数ほどが再建された。だが、生活に欠かせない水道の供給設備は被災した三千二百十二カ所のうち、修復されたのは五百八十一カ所。このほか七百九十五カ所で工事が進められているが、すべてが復旧するめどは立っていない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報