東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

南北首脳、合意文発表へ 非核化焦点 あす午前から会談

 【ソウル=上野実輝彦】韓国大統領府は二十六日、文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が二十七日に行う南北首脳会談の日程の詳細を発表した。両首脳は同日午前九時半に、軍事境界線のある板門店で初対面し、同十時半から会談を開始。最重要議題である非核化については、両首脳の協議に委ねられる見通しとなった。

 記者会見した大統領府の任鍾〓(イムジョンソク)秘書室長によると、正恩氏は九時半に徒歩で軍事境界線を越え、出迎えた文氏とともに歓迎式に臨む。両首脳は板門店の韓国側施設「平和の家」に移り、十時半から会談を開始。対面や芳名録への署名、会談の冒頭発言などは生中継される予定だ。

 昼食や記念植樹を挟んで午後も会談した後、合意文に署名し内容を発表。その後、夕食会や歓送行事を行うとしている。

 北朝鮮側の随行員として正恩氏の妹の金与正(キムヨジョン)党第一副部長や、平昌冬季五輪の開会式に出席した金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長ら九人が参加するが、李雪主(リソルジュ)夫人が同行するかは未定だという。

 任秘書室長は非核化問題について「実務レベルでは決められない」と説明。「(北朝鮮の)非核化の意志を、両首脳がどの水準で合意し、明文化するかが正念場だ」と述べ、首脳同士の直接の議論で合意文の内容が決定するとの認識を示した。

◆南北首脳会談の主な日程

 (いずれも日本時間同)

午前9時半ごろ 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が板門店の軍事境界線で対面

午前9時40分ごろ 板門店の韓国側施設「自由の家」と「平和の家」の間にある広場で儀仗(ぎじょう)隊を伴う歓迎式。金氏が平和の家1階で芳名録に署名し、文氏と記念撮影

午前10時半 平和の家2階の会談場で首脳会談開始

時間不明 それぞれ昼食と休息

同 軍事境界線上で記念植樹、付近を散歩

同 首脳会談再開

同 合意文に署名、発表の予定。形式は未定

午後6時半 平和の家3階で夕食会

時間不明 歓送行事 

  (共同)

※ 〓は、析のしたに日

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報