東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

南北、着々と有言実行 韓国 拡声器撤去、きょう開始

 【ソウル=境田未緒】韓国国防省は四月三十日、北朝鮮との軍事境界線近くに設置している宣伝放送のための拡声器の撤去作業を五月一日から始めると発表した。南北首脳会談での板門店(パンムンジョム)宣言に一日からの放送中止が盛り込まれたが、施設も早々に撤去することで宣言の履行意思を示す。

 文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は四月二十七日の会談で、互いの敵対行為を全面的に中止することで合意。一日から宣伝放送やビラ散布の中止を決めた。韓国側は宣伝放送で北朝鮮の実態を伝えたり、K−POPを流したりしていたが会談を控えた四月二十三日に放送を中断。北朝鮮側もその後やめた。

 文氏は三十日、大統領府高官を集めた会議で、首脳会談のための準備委員会を「履行推進委員会」に改編し、合意履行に向け着実に取り組むよう指示した。

 また統一省の報道官は三十日、離散家族の再会事業に向けた南北赤十字会談や、北朝鮮の開城(ケソン)に設置が決まった南北共同連絡事務所などを議論するための高官会談の早期開催を検討していると表明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報