東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝会談候補地 板門店を示唆 トランプ氏、ツイッターで

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は三十日、ツイッターで米朝首脳会談の開催地について、韓国と北朝鮮の軍事境界線のある板門店(パンムンジョム)の韓国側施設を候補として検討していることを示唆した。

 トランプ氏はツイッターに「会談開催地として多くの国が検討されているが、南北の境界にある『平和の家』や『自由の家』の方が第三国よりも象徴的で大切な永久不変の場所じゃないか? ただ尋ねているだけ!」と投稿した。

 トランプ氏は二十七日、これまで米国外の五カ所を検討中としていた開催候補地について、国名には言及せず「二カ国に絞った」と表明。米CBSテレビはシンガポールとモンゴルの二カ所が最終候補として検討されていると報じていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報