東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

トランプ氏「板門店検討」 米朝会談開催地 会見で「興味深い」

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は四月三十日午後(日本時間五月一日未明)、米朝首脳会談を韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で開催することについて「可能性を検討している。興味深い」と意欲を示した。ホワイトハウスで行われたナイジェリアのブハリ大統領との共同記者会見で語った。

 トランプ氏は「DMZ(非武装地帯)にある(韓国側施設の)『平和の家』や『自由の家』で開催する可能性を話し合っている」と述べ、「今日このアイデアを投げた。私はこの考え方が好きだ」と明かした。

 さらに、「私は文在寅(ムンジェイン)大統領にも話した。文大統領を通して北朝鮮にも伝わるだろう」とした上で、「この場所(板門店)で成功すれば、非常に大きな祝典になるだろう」と指摘した。

 半面、「ある人はこの考えを嫌い、ある人は非常に好感している」とし、「シンガポールを含め、別の国も検討している」と付け加えた。

 トランプ氏は三十日朝、自身のツイッターで「平和の家」などでの開催に前向きな姿勢を示していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報