東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「1億年後も北の地踏めず」 「日本蚊帳の外」北機関紙が主張

 【北京=城内康伸】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は六日の論評で、北朝鮮への圧力を維持すべきだとする日本について「悪い癖を捨てない限り、一億年がたってもわれわれの神聖な地を踏めない」と主張した。

 論評は日本が蚊帳の外に置かれていると指摘。その上で、「今のように制裁だの、圧迫だのと陳腐なことばを唱えて、振る舞っていては、いつになっても仲間外れの身の上を免れない」と強調。「日本は心を入れ替えろ」と要求した。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領との会談で「日本と対話を行う用意がある」と語ったとされる。論評は北朝鮮が核放棄に向けた具体的な行動を取らない限り、最大限の圧力を維持するべきだとする日本をけん制したとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報