東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

大連に北朝鮮機到着 高官訪中か 市内交通規制

写真

 【北京=城内康伸】複数の中朝関係筋によると、北朝鮮発とみられる航空機が七日、中国遼寧省大連の空港に到着した。北朝鮮と大連の間には、定期航空路線はない。同日午前から午後二時前まで航空機の離着陸が完全に統制されたことなどから、北朝鮮高官の訪中か訪中準備ではないかとの観測が流れている。

 関係筋によると、大連空港では同日午後一時五十分ごろになって、民間航空機の離着陸が許可された。目撃情報によると、北朝鮮発とみられる航空機はそれ以前に到着したもようだ。八日午後も離着陸が制限されるとの情報がある。

 大連市内では七日、各所で交通規制が敷かれ、大渋滞が起きた。特に外国からの賓客が宿泊する棒〓島(ぼうすいとう)国賓館に通じる道路は通行禁止とされた。同館は八日まで一般宿泊客の予約を受け付けていない。

 こうした状況から、北朝鮮消息筋は「北朝鮮高官が訪中した可能性も排除できない」と話している。

 三月下旬には、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が特別列車で北京を訪問。習近平(しゅうきんぺい)国家主席と初の首脳会談を行った。正恩氏の車列が通る北京市内の沿道には大量の治安要員が配置され、断続的な交通管制で渋滞が発生した。

 中朝両政府とも徹底した秘密保持を貫き、正恩氏を乗せた特別列車が中朝国境を通過して北朝鮮入りした後、訪問に関する発表が行われた。

※〓は木へんに垂

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報