東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中朝首脳が再会談 米朝会談控え友好誇示

中国国営新華社通信が8日に配信した、中国遼寧省大連で語り合う習近平氏(右)と北朝鮮の金正恩氏の写真=新華社・共同

写真

 【北京=城内康伸、大連=中沢穣】中国国営新華社通信によると、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は七〜八日、中国遼寧省大連市を訪れ、習近平(しゅうきんぺい)国家主席(中国共産党総書記)と会談した。両首脳は、朝鮮半島問題の対話による解決と地域の安定実現に向け協力していくことで一致。正恩氏の訪中は三月下旬の北京訪問以来約四十日ぶりで二回目。来月上旬までに予定される米朝首脳会談を控え、友好関係を誇示した形だ。 

 正恩氏は、中朝関係と朝鮮半島情勢が積極的な進展を遂げていると評価し、中国による「重要な貢献」に謝意を表明した。「関係各方面が朝鮮への敵視政策と安全保障上の脅威を解消すれば、朝鮮は核を持つ必要がなくなり、非核化の実現は可能になる」と述べ、非核化に向けた従来の立場を強調した。

 一方、習氏は、北朝鮮が四月二十日の労働党中央委員会総会で、核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を中止し、北朝鮮北部の核実験場を廃棄すると決めたことについて「地域の平和と安定の維持に対する揺るぎない意志を体現した」と称賛。北朝鮮が新たに打ち立てた経済建設に集中する路線を歩むことが「自国の国情に合致する」と期待した。

 朝鮮半島情勢に関し「対話の勢いが増しており、(問題の)政治的解決の方向に進んでいる」との見方を示し、中国が関係各国とともに積極的な役割を果たす考えを明らかにした。

 正恩氏の訪中には、妹の金与正(キムヨジョン)党第一副部長も同行し、最側近としての存在感を示した。また、今回は専用機で中朝間を往来した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報