東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

正恩氏「歴史的出会いになる」 米朝会談に意欲

9日、ポンペオ米国務長官(左)と握手する金正恩氏。朝鮮中央通信が10日に配信した=朝鮮通信・共同

写真

 【北京=城内康伸】朝鮮中央通信は十日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が九日にポンペオ米国務長官と会談したことを報じた。正恩氏は米朝首脳会談に関し「歴史的な出会いになる」と期待を表明。ポンペオ氏はトランプ大統領の口頭メッセージを伝達した。正恩氏が北朝鮮メディアを通じ、米朝首脳会談について公式に言及したのは初めて。会談実現に自信を持っていることがうかがえる。

 同通信によると、正恩氏とポンペオ氏は「全世界の焦眉(しょうび)の関心事となっている朝鮮半島情勢に関する評価と見解、朝米首脳会談に関する両国最高指導部の立場と意見」を交換した。

 正恩氏は首脳会談について「朝鮮半島の肯定的な情勢発展を推進し、立派な未来を建設するための第一歩を踏み出す歴史的な出会いになる」と強調。「(トランプ)大統領が対話を通じた問題解決に深い関心を持っていることを高く評価する」と謝意を表した。

 正恩氏はポンペオ氏との協議結果に「満足な合意」を得たという。同通信は会談に関し「朝米首脳会談開催に向けた実務的な問題と手続きや方法について深く論議した」とも伝えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報