東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

マレーシア、マハティール首相就任 92歳、世界最高齢

10日、マレーシアの首都クアラルンプールで記者会見するマハティール氏=ゲッティ・共同

写真

 【バンコク=山上隆之】九日投開票のマレーシア総選挙(連邦議会下院、定数二二二)で、マハティール元首相(92)が率いる野党連合「希望連盟」が過半数の議席を獲得、ナジブ首相(64)率いる与党連合「国民戦線」に勝利した。マハティール氏は十日夜、首都クアラルンプールの王宮で宣誓式に臨み、新首相に就任した。一九五七年の英国からの独立後、初の政権交代が実現した。

 マハティール氏は北部ランカウイ選挙区から出馬し、当選。二〇〇三年まで二十二年にわたる長期政権を築いた同氏は十五年ぶりに首相に返り咲き、選挙で選ばれる指導者としては世界最高齢となった。

 首相就任後、組閣人事などにとりかかるマハティール氏にとっては、野党連合がマレーシア初の政権交代で、行政を円滑に運営できるかが試される。高齢を不安視する声も聞かれる。

 マハティール氏はかつて決別し、今回の選挙戦で手を組んだアンワル元副首相(70)に数年以内に首相を引き継ぐ考えとみられる。

 選挙管理委員会の公式発表によると、野党連合は解散前の七十二議席から百十三議席に躍進。与党連合は百三十議席から七十九議席に減らした。

 野党連合は選挙戦で、政府系ファンドからの資金流用疑惑が発覚したナジブ氏の金権体質を批判。ナジブ政権が導入した消費税の廃止や中国企業と結んだプロジェクトの見直しなども公約に掲げ、支持を広げた。ナジブ氏は十日、「国民の審判を受け入れる」と敗北を認めた。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報