東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

火星で飛ぶか ヘリコプター NASA、20年打ち上げ

火星で飛行させるヘリコプターの想像図=NASA提供・共同

写真

 【ワシントン=共同】米航空宇宙局(NASA)は十一日、地球以外の惑星で飛ぶ初めてのヘリコプターを二〇二〇年に火星に向けて打ち上げると発表した。二一年に到着させ、地球よりもはるかに薄い火星の大気中でも、飛行が可能かどうかを検証する。

 火星の重力は地球の三分の一で、この点は飛ぶのに有利だが、大気の密度が百分の一程度と小さいため、羽根を回転させて機体を浮かせるための揚力を確保するのが難しい。NASAは羽根の回転数を十倍に上げるなどの工夫を凝らす。ヘリコプターの大きさはソフトボールほどで二キロ弱の重さ。羽根は太陽電池の電力で動く。地球から直接の操縦は難しいため、指令の電波を送信すればそれに従って自律的に動く仕組み。実験期間中に、最長で九十秒の連続飛行を目指す。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報