東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

スポーツ賭博、全米で解禁へ 最高裁、規制法無効判決

 【ニューヨーク=赤川肇】米連邦最高裁は十四日、全米でスポーツ賭博を禁止してきた連邦法について「各州の規制権限を縛っており違憲だ」として、無効とする判断を示した。スポーツ賭博は従来、ラスベガスを擁する西部ネバダ州以外では原則認められていなかったが、各州ごとに合法化への道を開いた。

 連邦法は一九九二年に制定された「プロ・アマスポーツ保護法」で、州政府などによるスポーツ賭博の許認可を不法と規定。合法化を目指した東部ニュージャージー州に対し、米大リーグ機構(MLB)や全米大学体育協会(NCAA)などが「清廉さが損なわれる」などと提訴し、保護法の適否が争われていた。

 最高裁判事九人のうち六人が連邦法の無効判断を支持し、下級審の判断を覆した。判決理由では「合法化は賛否が分かれる重要な政策判断だが、最高裁が選択すべきものではない」とスポーツ賭博の是非そのものには踏み込まなかった。

 カジノ関連企業などでつくる米ゲーム協会は、非合法的に行われているスポーツ賭博市場が年千五百億ドル(十六兆四千億円)と推計。協会のジェフ・フリーマン最高経営責任者(CEO)は判決を受けて「透明で開かれた責任ある市場を実現できる」と声明を出した。

 十四日の株式市場は全米各地でスポーツ賭博が広がることを見越し、カジノ運営会社やゲーム機製造会社の株価が急伸した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報