東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「好きな人は撃たず」 米乱射容疑の生徒 標的選ぶ?

18日、米テキサス州サンタフェで、高校乱射事件の犠牲者を追悼し、ろうそくをともす少女ら=ガルベストン・カウンティ・デーリー・ニューズ提供(AP・共同)

写真

 【ニューヨーク=赤川肇】米南部テキサス州サンタフェの高校銃乱射事件で、容疑者として拘束された男子生徒(17)が捜査当局の調べに「自分の話をしてもらうために好きな人たちは撃たなかった」と、標的を選んで犯行に及んだと供述していることが明らかになった。CNNテレビなど複数の米メディアが訴追資料の内容として報じた。

 州当局などによると、事件では生徒九人と教員一人の計十人が死亡したほか、十人が負傷。容疑者は父親の散弾銃と拳銃で武装していた。事件前には「殺すために生まれてきた」と書かれたTシャツの画像を交流サイト「フェイスブック」に投稿し、パソコンや携帯電話には乱射後の自殺願望を示す記述も残っていた。

 米メディアが伝えた生徒らの目撃証言では、容疑者は一時間目の授業中、トレンチコートにブーツ姿で教室に侵入して銃撃を始めた。投稿したのと同じTシャツを着用して、特定の人を指さして「おまえを殺す」と言ったとの報道もある。

 高校や周辺では火炎瓶など複数の爆発物が見つかり、捜査当局は事件との関連も含めて慎重に捜査している。十八日午後に容疑者を殺人容疑で訴追し、写真付きで実名も公表。参考人として別の生徒二人からも事情を聴いている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報