東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米、イラン追加制裁 革命防衛隊幹部ら資産凍結

 【ワシントン=後藤孝好】米財務省は二十二日、イエメンのイスラム教シーア派武装組織フーシ派に弾道ミサイル技術を提供したとして、イランの軍事組織「革命防衛隊」幹部を含む五人を制裁対象に指定した。イランに「史上最強」の制裁を科すトランプ米政権の新政策の一環。

 財務省によると、五人は弾道ミサイル開発計画に携わり、技術提供を受けたフーシ派はサウジアラビアをミサイル攻撃した。制裁により、米国内の資産が凍結され、米国人との取引が禁じられる。

 ポンペオ米国務長官は国務省での記者会見で、イランのロウハニ大統領がウラン濃縮停止など米国の十二項目の要求を拒否する考えを示したことに関して「要求は世界中の国々から期待される行動規範だ。容易に順守できる」と述べ、従うよう求めた。

 イランへの圧力を強化する新政策では、核放棄や国際原子力機関(IAEA)による全ての核関連施設への査察実施、拘束中の米国人の解放、シリアのアサド政権への支援停止などを要求。イランが応じれば、関係改善と制裁緩和を実施する方針を示している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報