東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

トランプ氏、北を揺さぶり 米朝会談の延期も辞さず

 【ワシントン=石川智規、ソウル=上野実輝彦】トランプ米大統領は二十二日、ホワイトハウスで文在寅(ムンジェイン)韓国大統領と会談した。トランプ氏は六月十二日に開催予定の米朝首脳会談について「実現しないかもしれない。後になるかもしれない」と、延期も辞さない考えを強調。核放棄先行を求める米国に反発して会談中止を示唆する北朝鮮を強くけん制した。

 トランプ氏は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し「今までにないチャンスを得ている。もし(会談が)実現しなければ幸せになれない」と警告した。正恩氏の態度が、中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席と二度目の会談を行った後に「少し変わった」とも指摘。「少し失望した」と、中国に不信感も示した。

 一方、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を果たした場合は「安全を保証する。彼の国は豊かになる」と、体制保証や経済支援にも言及し、北朝鮮を揺さぶった。

 トランプ氏には、段階的な非核化と経済制裁の緩和を求める北朝鮮と、その後ろ盾となる中国をけん制し、交渉を有利に進める狙いがある。

 一方、文氏はトランプ氏に「米朝首脳会談の開催に対する北朝鮮の意思を疑う必要はない」と強調。両首脳は、最近の北朝鮮の強硬な態度や、体制保証への不安を解消する方策を話し合った。

 北朝鮮との対話に基づく朝鮮半島の平和構築を信条とする文政権にとって、米朝首脳会談の成功は最重要課題。北朝鮮は米韓首脳会談の直後に、核実験場廃棄の韓国記者団の取材を許可しており、文氏が北朝鮮への譲歩案を米国側に示した可能性もある。

 米朝首脳会談の延期も示唆するトランプ氏と、あくまでも実現を迫る文氏との温度差について、韓国大統領府関係者は「会談を成功裏に開くことで、米韓首脳に意見の違いは全くない」と否定した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報