東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝首脳会談中止 トランプ氏通告 正恩氏に書簡「北が米に敵意」

24日、米ホワイトハウスで米朝首脳会談中止について発言するトランプ大統領=AP・共同

写真

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は二十四日昼(日本時間二十五日未明)、ホワイトハウスで、六月十二日にシンガポールで開催予定だった史上初の米朝首脳会談を中止すると明らかにした。トランプ氏は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に宛てた二十四日付の書簡で会談中止を通告。会談では北朝鮮の非核化実現へ具体的な進展が期待されていたが、米朝関係の緊張は避けられない情勢だ。 

 トランプ氏は記者団に、北朝鮮が非核化をめぐり「後退した」と指摘。マティス国防長官らに対し「必要に応じて」軍事活動の可能性を模索するよう指示した。さらに、日本など国際社会とともに「最大限の圧力」を続ける考えを示した。「北朝鮮の未来は非核化とともにある」と強調し、北朝鮮に対応を求めた。

 これに先立ち、米ホワイトハウスは二十四日、トランプ氏の書簡を公表。トランプ氏は書簡で、北朝鮮側が米側に「最近とてつもない怒りと敵意を表している」と指摘。米朝会談は北朝鮮から提案されたものだが現時点での開催は「不適切」と述べた。北朝鮮はこのところ、米側に首脳会談の「再考」をちらつかせ揺さぶりを繰り返していた。

 ロイター通信によると、ホワイトハウス当局者は、北朝鮮がペンス副大統領を非難したことが首脳会談中止を決断するきっかけとなったと明らかにした。ポンペオ国務長官は二十四日の上院外交委員会の公聴会で、ここ数日、首脳会談準備のため北朝鮮側に連絡を取ろうとしたが反応がなかったと述べた。

 トランプ氏は書簡で「あなた(正恩氏)は核兵器能力の話をするが、われわれの物はより強大だ。(核兵器が)使われないことを神に祈る」と、北朝鮮の対応次第では軍事的選択も辞さない姿勢を示した。

 また、米朝首脳会談の機会を失ったのは「歴史上の実に悲しむべき瞬間だ」とも強調。正恩氏と「会談することを楽しみにしていた」とした上で「もし会談に関して気持ちの変化があれば、私に電話するか手紙を送ってほしい」ともつづった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報