東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

M・フリーマンさんが謝罪 セクハラ報道 女性8人が被害証言

 【ニューヨーク=赤川肇】米CNNテレビは二十四日、俳優モーガン・フリーマンさん(80)からセクハラ行為を受けたとする複数の女性の証言を伝えた。フリーマンさんは「不快な思いをさせた全ての人に謝罪したい」との声明を出した。

 フリーマンさんは映画「ミリオンダラー・ベイビー」(二〇〇四年)でアカデミー賞助演男優賞を受賞した名優。CNNによると、女性八人が「スカートをたくし上げようとした」(製作アシスタント)などと撮影現場でのセクハラ行為の被害を訴え、別の八人から目撃証言を得た。

 フリーマンさんはAP通信への声明で「私を知る人、私と一緒に働いた人なら、私が故意に誰かを不安がらせる人物ではないと分かってくれる」と主張。意図的な嫌がらせは否定した。

 一方、米紙ニューヨーク・タイムズは二十四日、女優らへの性的暴行疑惑がある米映画プロデューサーのハーベイ・ワインスタイン氏(66)が二十五日にニューヨークの捜査当局に出頭し、訴追される見通しだと報じた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報