東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝首脳会談 中止 トランプ政権「多くの約束破った」

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は二十四日昼(日本時間二十五日未明)、ホワイトハウスで、六月十二日に予定されていた北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談を中止すると発表した。トランプ氏は「偉大な機会が訪れるはずだったが、北朝鮮と世界にとって大きな後退だ」と強調。米政府高官は、中止の理由について、北朝鮮が事前の高官級協議に応じないなど「多くの約束を破り、対話が欠如していた」と明らかにした。

 米高官によると、ポンペオ国務長官が五月に再訪朝した際、シンガポールで高官級の事前協議を行うことで合意したが、北朝鮮側の担当者が約束期日に現れず、その後音信不通になっていたという。

 北朝鮮が二十四日に行った核実験場の廃棄作業について、正恩氏は当初、専門家に検証させる意向を表明していたが、実際には招かなかったことも批判。「これでは何が達成されたのか科学的に証明できない」と指摘した。米韓が二十五日までの予定で実施している共同軍事訓練に反発したことも「約束破り」の一つに挙げた。

 米高官によると、トランプ氏は二十四日朝、非核化要求に応じなければ「崩壊したリビアのカダフィ政権のようになる」などと北朝鮮に警告したペンス副大統領を北朝鮮側が激しく非難したことなどをペンス氏らと協議。その直後、正恩氏に首脳会談中止を通告する書簡を作成したという。

 トランプ氏は一方、正恩氏が「建設的な対話と行動を選ぶことを待っている」とも指摘。将来的な会談の実現に含みを持たせた。

 米高官は、「大統領は対話の窓を開き続けている」とした上で、首脳会談の再設定には「多くの(事前の)対話と明確な議題設定が必要だ」と述べた。

◆北「意外で遺憾、対話を」 金桂冠外務次官 談話

 【北京=城内康伸】北朝鮮の金桂冠(キムゲグァン)第一外務次官は二十五日、談話を発表し、トランプ米大統領が米朝首脳会談を中止したことについて「いかなる形であれ、対座して問題を解決する用意があることをいま一度明らかにする」と述べ、会談開催を求めた。朝鮮中央通信が伝えた。

 金氏は会談中止を「朝鮮半島はもちろん、世界の平和と安定を願う人類の念願に合致しない決定だ」と批判した。「意外で極めて遺憾だ」とも述べており、突然の中止に北朝鮮側が驚いていることが分かる。

 談話は金正恩朝鮮労働党委員長の「委任により」発表された。米国に対する激しい反発や非難は抑えた内容になっている。

 金氏は、正恩氏が「トランプ大統領と会えば、良い始まりになるだろう」と述べ、首脳会談の準備にあらゆる努力を傾けてきた、と紹介した。

 「トランプ大統領が歴代の大統領が下せなかった勇断を下し、首脳会談という重大な事変のため、努力したことを高く評価してきた」と言明。トランプ氏が提示していた北朝鮮の体制保証と非核化実現の方式について「われわれの要求にも合致し、問題解決に実質的に作用する賢明な案になるとひそかに期待していた」と明らかにした。

 トランプ氏が会談中止の理由に挙げた「(北朝鮮の)大きな怒りと露骨な敵意」に関しては「一方的な核廃棄を迫った、米側の行きすぎた言動に対する反発にすぎない」と釈明した。

 その上で、「朝鮮半島と人類の平和と安定のために全力を尽くそうとする、われわれの目標と意志に変わりはない」と強調。「常に大胆で胸襟を開き、米側に時間と機会を与える用意がある」と述べ、会談を開催するよう再考を促した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報