東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

AIスピーカー 夫婦の会話を誤送信

 【ニューヨーク=共同】米アマゾン・コムの人工知能(AI)スピーカー「エコー」が、自宅での夫婦の会話を録音し、音声ファイルを勝手に外部に送信−。米国でこんなトラブルが起きていたと、25日までに米メディアが報じた。アマゾンは「(AIの)聞き間違えが原因」と説明するが、プライバシー侵害に対する消費者の不安感が高まりそうだ。

 エコーは、搭載するAI「アレクサ」に呼び掛けることで起動する。今回のトラブルでは、夫婦の会話で使われた言葉に誤って反応して起動。録音を始め、その後の会話で使われた言葉を「送信」の指示と誤解した。

 アマゾンによると、アレクサは音声ファイルの送り先や送信の是非を持ち主に確認したが、会話の言葉を送り先の名前や送信許可と聞き間違えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報