東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝会談「復活なら12日」 トランプ氏「北と生産的会話」

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は二十五日夜(日本時間二十六日午前)、北朝鮮に中止を通告した米朝首脳会談について、ツイッターで「北朝鮮と会談復活に向けた非常に生産的な会話を行っている」と指摘。「もし開かれるなら、シンガポールで六月十二日のままになりそうだ」と書き込んだ。

 トランプ氏はさらに「必要であれば期間を延ばしてもいい」とも書き込んだ。米朝会談は当初、シンガポールで六月十二日に開催される見通しだった。

 トランプ氏は今月二十四日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に書簡を送り、会談中止を通告したばかり。書簡公表を受け、北朝鮮の金桂冠(キムゲグァン)第一外務次官は談話を出し、首脳会談が「切実に必要」と再考を求めていた。

 これに対し、トランプ氏は二十五日朝のツイッターで「温かく建設的な声明を受け取った。良いニュースだ」と評価。会談実施に向けて調整を続ける構えを示していた。

 マティス国防長官は二十五日、記者団に対し「外交は依然として機能している」と指摘。「会談は元に戻るかもしれない」と予定通りの実施に期待を寄せた。

 サンダース大統領報道官は会談について「北朝鮮が継続的な解決策を示すなら、会談の可能性はある」と述べた。さらに「もし会談が六月十二日でも、七月十二日でも、米国は準備ができる」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報