東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

南北首脳 再び会談 米朝会談実現へ協議

26日、板門店で抱き合う韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩氏=韓国大統領府提供、共同

写真

 【ソウル=境田未緒】韓国大統領府は二十六日、文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が同日午後、南北軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)の北朝鮮側施設「統一閣」で会談したと発表した。会談の内容は二十七日午前十時、文氏が発表する。トランプ米大統領が六月十二日に予定されていた米朝首脳会談の中止を通告したことを受け、会談実現に向けた方策を協議した。 

 両氏の会談は四月二十七日に続いて二回目。会談は午後三時から約二時間にわたって行われた。初会談は韓国側施設「平和の家」で開かれており、今回は文氏が軍事境界線を越え、北朝鮮側に入った。公開された写真によると、会談には両首脳のほか韓国の徐薫(ソフン)国家情報院長と北朝鮮の金英哲(キムヨンチョル)党副委員長が同席した。

 トランプ氏は二十四日に突然、正恩氏に書簡を送って会談中止を通告。北朝鮮の金桂冠(キムゲグァン)第一外務次官は翌二十五日「意外で極めて遺憾」とし、「いかなる形であれ、対座して問題を解決する用意がある」と再考を求める談話を出していた。

 南北首脳会談が急きょ開催されたのは、北朝鮮が一時、トランプ政権に強硬姿勢を見せていたのとは裏腹に、体制保証などの面から米朝会談開催が切実な状況にあり、韓国側に「仲裁役」を求めたとみられる。南北関係改善のためにも米朝会談を成功させたい文氏との思惑も一致した。

 韓国のハンギョレ新聞(電子版)は与党関係者の話として、文氏と正恩氏が二十六日午前、初めてホットラインで通話したと伝えた。文氏が「重要な話なのでちょっと会いましょう」と提案し、会談が実現した可能性があるという。

 トランプ氏は二十五日夜(日本時間二十六日午前)、ツイッターに「北朝鮮と会談復活に向けた非常に生産的な対話をしている」と書き込み、会談がシンガポールで六月十二日に開かれる可能性に言及していた。文氏と正恩氏が会談することについて、韓国と北朝鮮が事前に、米国に伝えていた可能性がある。

 韓国大統領府が公開した写真には、笑顔で抱き合う両首脳のほか、車を降りた文氏を笑顔で迎える正恩氏の妹、金与正(キムヨジョン)党第一副部長の姿も。南北首脳の再会談により、韓国内では米朝首脳会談実現への期待が高まっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報