東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

マサル、やっと会えたね ザギトワ選手に秋田犬贈る

モスクワで26日、「マサル」を贈呈されて喜ぶザギトワ選手=栗田晃撮影

写真

 【モスクワ=栗田晃】秋田犬保存会は二十六日、モスクワ市内のホテルで、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手(16)に、秋田犬の「マサル」を贈呈した。

 マサルは生後三カ月の赤毛の雌で、体重は約一〇キロ。前もって、日本語で勝利を意味する「マサル」と命名し、対面を待ちわびていたザギトワ選手は「すてきなプレゼントをしてくださり、ありがとうございます。マサルが美しく幸せに暮らせるよう、一生懸命にかわいがります」と喜んだ。

 贈呈に際し秋田犬保存会会長で、日本維新の会の遠藤敬国対委員長が「ようやくこの日を迎えられた。日ロ友好のより一層の証しに」と述べ、手渡した。

 ザギトワ選手は五輪に向けた新潟での合宿中、雑誌で見た秋田犬を気に入り、母親に飼いたいと相談。それを知った保存会が贈呈を提案し、準備を進めてきた。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報