東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝会談開催へ再調整 金正恩氏「会談に向け確固たる意志」

26日、板門店の北朝鮮側施設で握手する韓国の文在寅大統領(中央右)と金正恩朝鮮労働党委員長=朝鮮中央通信・共同

写真

 【ソウル=上野実輝彦】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は二十七日、大統領府で記者会見し、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談で、トランプ米大統領が中止を表明した米朝首脳会談を実現させるべきだとの認識で一致したと明らかにした。北朝鮮の朝鮮中央通信は同日、正恩氏が文氏との会談で「朝米首脳会談に向けた確固たる意志」を示したと報道。トランプ氏も南北首脳会談を「交渉は非常にうまくいった」と評価し、史上初となる六月十二日の会談実現に向け、双方が再調整を加速させるとみられる。

 文氏によると、南北首脳は二十六日に板門店(パンムンジョム)で行った会談で、朝鮮半島の非核化や平和体制構築に向け緊密に協力することで合意。文氏は、正恩氏が会談で「朝鮮半島の完全な非核化の意思を改めて表明した」と述べた。トランプ氏は二十四日に米朝首脳会談の中止を表明したが、敵対的な姿勢を強めていた北朝鮮が再び「非核化」の意欲を示したことで、首脳会談の事前協議に向けた動きも活発化。ホワイトハウスは北朝鮮と会談内容などを調整する先遣隊をシンガポールに向かわせる。

 文氏は正恩氏が「非核化の見返りに、米国が体制保証してくれるかを懸念している」と指摘。会談で正恩氏に対し、「完全な非核化を実践すれば、トランプ氏は敵対関係をやめ経済協力する意思がある」と説明したと述べた。その上で、米朝が直接意思疎通して会談の議題を事前協議するよう提案し、正恩氏も同意したと明かした。文氏によると、今回の南北首脳会談開催は、正恩氏側から二十五日に打診があった。

 朝鮮中央通信は、正恩氏が「朝米関係改善と朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制構築のため、積極的に努力していこう」と述べ、文氏に対し「朝米首脳会談のため多くの努力を傾けてきた」と謝意を表したと報じた。同通信や文氏によると、文、正恩両氏は南北閣僚級協議を六月一日に開き、軍事当局者会談や赤十字会談も順次開催することで合意した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報