東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝会談へ 協議本格化 2カ所で実務者事前折衝

写真

 【ワシントン=後藤孝好、北京=城内康伸】六月十二日開催を目指す史上初の米朝首脳会談に向けた実務者協議が本格的に始まった。トランプ米大統領は二十七日夕(日本時間二十八日朝)、米政府代表団を北朝鮮に派遣、実務者協議を開始したとツイッターで明らかにした。また北朝鮮のキム・チャンソン国務委員会部長一行は二十八日午後、平壌から北京経由の空路で会談開催予定地シンガポールに到着した。二十九日にも米側と会談の段取りなどの協議に臨むとみられる。 

 北朝鮮での実務者協議は国務省や米メディアによると、南北軍事境界線上の板門店(パンムンジョム)の北朝鮮側施設「統一閣」で実施された。非核化の具体的な方法や見返りなどが主要議題になったとみられ、意見の隔たりを埋められるかが焦点だ。

 駐韓米大使や北朝鮮担当特別代表を歴任したソン・キム駐フィリピン大使らの米代表団は、北朝鮮の崔善姫(チェソンヒ)外務次官らと二十九日まで事前折衝を行う。崔氏は北朝鮮の核問題を巡る六カ国協議で通訳を担当。ペンス米副大統領を「政治的なまぬけ」と非難し、反発したトランプ氏が米朝会談中止を通告した経緯がある。

 トランプ氏は「北朝鮮が素晴らしい可能性を持ち、いつの日か経済や金融面で偉大な国になると信じている」と投稿。非核化を実現すれば、北朝鮮への経済支援を検討すると示唆し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に決断を促した。

 一方、シンガポールでの協議のため米側はヘイギン大統領次席補佐官らを派遣した。こちらの協議では首脳会談の段取りや儀典、警護問題などが話し合われるもようだ。北朝鮮側の交渉相手となるキム・チャンソン氏は秘書室長を兼務し、正恩氏の「執事」と呼ばれる。四月の南北首脳会談の進行を調整する実務者協議の首席代表を務めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報