東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米が北追加制裁を保留 米紙報道 実務者協議踏まえ

 【ワシントン=石川智規】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は二十八日(日本時間二十九日)、米政府が北朝鮮への新たな大規模制裁を検討しながら、当面は発動を見送るもようだと報じた。六月十二日開催を目指す米朝首脳会談の実現に向けて両政府の実務者協議による調整が進む中、制裁発動を見合わせたという。米政府当局者の話として伝えた。

 同紙によると、米ホワイトハウスは二十九日にも、米財務省を通じて北朝鮮への追加制裁を発動する予定だった。同省は北朝鮮に加え、北朝鮮と関連取引がある中国やロシアの約三十の組織・団体などを制裁対象に含めていたという。

 追加制裁は、北朝鮮がペンス米副大統領に対し「まぬけ」などの攻撃的な言葉を重ねたことを踏まえて検討されたもようだ。

 トランプ米大統領は二十四日に米朝首脳会談の中止をいったん通告。しかし北朝鮮側が軟化したことを受け、一転して開催はあり得るとの立場に転じた。

 米朝両政府の実務者は二十七日から、北朝鮮と韓国の軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で協議を開始。北朝鮮の非核化の手法をはじめ首脳会談に向けた調整を進めている。また、首脳会談開催予定地のシンガポールにも二十八日までに米朝の代表団が到着。会談の段取りなどを巡り、二十九日にも協議を始める可能性がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報