東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

拉致問題に触れず 「経済支援は日中韓で」

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は一日、北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長との会談で「われわれは人権問題は話さなかった」と明らかにした。英哲氏に対し、日本の拉致問題などを提起しなかったことになる。ただ「首脳会談では恐らく取り上げるだろう」との意向を示した。

 非核化に応じた場合の北朝鮮への経済支援には「韓国や中国、日本が支援するだろう。米国は支出しない」と述べた。

 トランプ氏は日中韓について「彼らは(北朝鮮の)隣国だ」と指摘。一方「米国は多くの金を支出しない。米国は北朝鮮から遠く離れている」として米国独自の経済支援には否定的な考えを示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報