東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

会談ありき、北に妥協

<解説> トランプ米大統領がいったん中止を決めた米朝首脳会談を復活させたのは、最大の焦点だった「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」の短期間での完了よりも「史上初」の会談実現を優先させたからだ。

 トランプ氏はこれまで首脳会談の前提として北朝鮮による核放棄の先行を強く主張してきた。それが一日には「六月十二日はプロセスの始まりだ。一度の会談で(非核化が)実現できるとは言ってない」と明言。北朝鮮による「段階的な」非核化の主張に一定の理解を示したとみられる。

 段階的な非核化を認めることは、結果的に見返りだけを与える「過去の失敗」(トランプ氏)を繰り返すことになるとしてトランプ政権は否定してきた。

 トランプ氏は、金英哲朝鮮労働党副委員長に対して「(非核化には)時間をかけて構わない」と繰り返し呼び掛け、北朝鮮を交渉に導いたと自負してきた「最大限の圧力」という言葉も「もう使いたくない」と表明。朝鮮戦争の終結宣言など体制保証に前向きな対応と合わせると、北朝鮮ペースに逆戻りした懸念も拭えない。

 トランプ氏は、シンガポールでの米朝首脳会談を「大成功するだろう」と楽観し、会談は今後も続くと見通した。朝鮮戦争以来敵対する首脳同士が会談する意義は大きい。だが「会談ありき」で妥協したとすれば、会談は「政治ショー」で終わりかねない。 (ワシントン・石川智規)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報