東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝会談、12日午前10時から

 【ワシントン=石川智規】サンダース米大統領報道官は四日の記者会見で、トランプ大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の米朝首脳会談がシンガポールで、十二日の現地時間午前九時(日本時間午前十時)から始まる予定だと明らかにした。

 サンダース氏は、シンガポールで行われている米先遣隊と北朝鮮側の協議について「準備を終えつつある」と述べ、会談準備が最終段階に入っていることを示唆。先遣隊は会談開催まで現地に滞在し、調整などを行うとしている。また、韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で行われている米朝実務者協議も「議論は非常に前向きで、著しい進展がある」と述べた。

 一方で、北朝鮮に対する「最大限の圧力」政策が今後も続くのかを問われると、「われわれの政策は変わっていない。北朝鮮が非核化されるまで制裁は解除しない」と、圧力政策を堅持する方針を強調した。

 トランプ氏は一日、正恩氏の側近の金英哲(キムヨンチョル)党副委員長との会談後、北朝鮮に対し「最大限の圧力という言葉はもう使いたくない」と述べた。サンダース氏はあらためて制裁維持を強調することで、圧力緩和の懸念を打ち消したとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報