東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

台湾海峡へ軍艦 米が派遣を検討

 【北京=安藤淳】米国が台湾海峡への軍艦艇派遣を検討していると、ロイター通信が四日、米高官の話として伝えた。米国は今年に入り、二〇〇七年以来となる米空母の台湾海峡通過を検討したが、見送ったという。空母でない米艦艇の派遣が実施されれば、昨年七月以来。

 これに対し、中国外務省の華春瑩(かしゅんえい)副報道局長は五日の定例会見で「台湾問題は両国関係で最も重要で敏感な問題だ。米国は両国関係を壊さないよう、台湾問題を慎重に扱うべきだ」と指摘。中台を不可分とする「一つの中国」の原則を念頭に、強く反発した。

 米中関係は、貿易摩擦でぎくしゃくしているほか、中国の安全保障と密接に関わる米朝首脳会談開催も迫る微妙な時期にある。

 その一方、中国は南シナ海の人工島の軍事拠点化を進めており、トランプ米政権には中国側の一方的な行動をけん制する狙いもありそうだ。

 中国軍は今年四月、台湾海峡で実弾射撃演習を行うなど、「独立志向」が強い台湾の蔡英文(さいえいぶん)政権との対立が続いている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報