東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝首脳シンガポール入り 北が報道「新たな関係を」

 【シンガポール=城内康伸、上野実輝彦】米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は十日、史上初の首脳会談が開かれるシンガポールに相次いで到着した。朝鮮中央通信は十一日、「歴史的な初対面と会談が六月十二日午前、シンガポールで行われる」と具体的日程を初めて報道。北朝鮮メディアが正恩氏の外遊中に動向を伝えるのは異例で、首脳会談への強い意欲を示している。

 同通信は、米朝会談について「新たな朝米関係を樹立し、朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制を構築するための問題、朝鮮半島の非核化を実現するための問題をはじめ、共同の関心事について幅広く、深みのある意見交換が行われる」と詳しく紹介した。

 さらに正恩氏が「中国の専用機で平壌を出発した」と、愛用の専用機ではなく、中国国際航空の特別機を利用したことを報じた。

 同通信によると、妹の金与正(キムヨジョン)党第一副部長や金英哲(キムヨンチョル)党副委員長や李洙〓(リスヨン)党副委員長、李容浩(リヨンホ)外相、努光鉄(ノグァンチョル)人民武力相(国防相)、崔善姫(チェソンヒ)外務次官らが随行中という。平壌では、金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長、崔竜海(チェリョンヘ)党副委員長、朴奉珠(パクポンジュ)首相ら北朝鮮の最高幹部らが見送った。

 正恩氏は十日午後、シンガポールのリー・シェンロン首相と会談し、トランプ米大統領との会談の成功に自信を表明。「会談が成功すれば、シンガポールでの瞬間は歴史に記録されるだろう」と謝意を伝えた。

 正恩氏は同日午後二時半すぎに、シンガポールに到着。空港では、シンガポールのバラクリシュナン外相が出迎えた。

 米朝は十一日午前、シンガポール市内のホテルで首脳会談に向けた最終調整の実務協議を行った。AP通信は、両首脳が最初に通訳だけを交えて最長で二時間会談する見通しと伝えた。

 首脳会談は南部セントーサ島「カペラホテル」で行われる。ロイター通信は関係筋の話として、暫定的な計画とした上で、正恩氏は十二日午後二時(日本時間同三時)に出国する予定と報じた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報