東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝首脳 きょう初会談 トランプ氏「うまくいくと思う」

写真

 【シンガポール=石川智規、上野実輝彦】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は十二日、シンガポールで史上初の米朝首脳会談を行う。北朝鮮の「完全な非核化」を巡り、時期や手順など具体的に道筋を付けられるかが最大の焦点。朝鮮戦争(一九五〇〜五三年)の終結合意など、北朝鮮が求める体制保証を巡っても議論する。

 首脳会談は南部セントーサ島の「カペラホテル」で行われる。米ホワイトハウスによると、会談は十二日午前九時(日本時間午前十時)から始まり、最初は通訳だけを交えて会談。

 続いてポンペオ国務長官やケリー大統領首席補佐官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らを交えた拡大会合を行い、正恩氏との昼食会も開催する。夕方、記者発表に臨み、夜には帰国の途に就く予定で、会談は一日で終わる見通し。ロイター通信によると、正恩氏は暫定的な計画として、十二日午後二時ごろに出国する予定という。

 ポンペオ氏は十一日夕、シンガポールで記者会見し「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化が米国の受け入れられる唯一の結果だ」と強調。完全な非核化が果たされれば「大統領は北朝鮮の体制を保証する」と述べる一方、北朝鮮の対応次第では「経済制裁は継続する」とけん制した。

 トランプ、正恩両氏は十日にシンガポール入り。正恩氏は十日、トランプ氏は十一日に、それぞれリー・シェンロン首相と会談した。トランプ氏は、米朝首脳会談について「とても興味深い会談になる。非常にうまくいくと思う」と自信をみせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報